top of page

頻回な転倒が無くなり、外出機会増加へつながった症例


80代女性。一人暮らし。自宅内で月に7~8回転倒が続いていた。かかりつけ医より頻回な転倒に対して訪問リハビリテーション提案あり、週一回の利用開始となる。

基本的な下肢筋力は十分あり。歩行自体も平地であれば概ね安定。バランスを崩した直後の転倒を防ぐための反応に遅延があり、姿勢修正が間に合わない印象

運動は意欲的。転倒を減らして、安心して外出したいというはっきりした目標がある。

転倒回数軽減、外出頻度増加、外出時の交通手段選択肢拡大

スピードを意識した下肢の運動、バランスを崩した直後の姿勢修正に焦点を当てた運動、自主トレーニング指導

訪問時の運動実施と自主トレーニングを欠かさず行った結果、訪問開始1カ月で自宅内転倒は0回へ減少。以降訪問終了までの半年間その状態が継続した。加えて、外出時の活動範囲の増加へつながった。提案した自主トレーニングは生活の一部として定着。今後も継続していける見込み。


最新記事

すべて表示

股関節手術後痛みのために活動に制限が残った方

70代女性 両側変形性股関節症 左股関節人工骨頭置換術後 両股関節痛あり、左股関節の手術を実施し、自宅退院。疼痛残存強く、外出などの活動を制限せざるを得ない状況で、運動指導希望あり訪問リハびりテーション利用開始。反対側の股関節手術も控えている。 自宅内での基本的な動作は自立しているが、長時間立位は疲労感強い。外出機会はあるが、階段などの環境では不安がつよく、頻度は自主的に制限している状況。 移行は

転倒頻回な状態から、バスでの外出が再開できるようになった事例

80代男性、脳梗塞後遺症、腰部脊柱管狭窄症 脳梗塞発症され入退院経てご自宅へ退院。退院と同時に訪問リハビリテーション利用開始となる。 自宅内は伝い歩きしていたが、転倒を繰り返していた。一人暮らしであり、買い物や掃除支援でヘルパー利用。外出は知人の協力が必須。 自分の力で外出できるようになりたいとの明確な目標を持っている。徒歩圏内にバス停、お店などがある。必要時に知人の協力が得られる。 長期目標:駅

外出練習をして、趣味活動を再開した事例

80代女性。独居生活。疾病は脳出血と脛骨骨折。 脳出血発症後数カ月の入院を経て、自宅退院。同時に訪問リハビリ利用開始。 退院後外出機会はデイケアや受診のみ。脳出血による麻痺は中等度で装具が必要。屋内歩行は自立。屋外歩行や不整地歩行は動作不安定さに加え、注意障害や記憶障害の影響で非自立状態。外出手段のタクシー乗降は介助が必要。 病前から多趣味で社交的。色々やってみたいという前向きな気持ちがある。入浴

Comments


bottom of page