top of page

訪問介護との密な連携により、自宅で入浴が可能となった事例


90歳代、女性、要介護3。娘との2人暮らし。傷病名は2型糖尿病、右変形性膝関節症、高血圧、うつ病。既往歴として、妄想性障害があった。娘からは寝たきりにならないように運動したり、散歩ができるようになって欲しい。入浴を嫌がり、清拭も拒む状態で困っているととのことでケアマネジャーから介入の相談があった。

X年2月約1か月ほど、肺血栓塞栓症にてA病院入院。X年6月、ご家族より訪問リハ利用希望あり、週1回利用開始。X年8月頃より、「死んでしまいたい」「テレビに盗聴器がしかけられている」「体に麻薬を打たれた」「娘が狂っている」等、事実とは異なる妄想様の発言が増加し、会話内容の殆どが妄想発言にすり替わってしまう状態であった。麻薬が塗ってあると思い込んでいる食事や内服は拒否し、さらに娘の介助での入浴や清拭、更衣も拒否し、表情は険しく、生活に支障をきたしていた。

排泄・食事以外は居室ソファで臥床し過ごす。自宅内は歩行器を使用し、歩行自立。昼夜とも自宅トイレで排泄するが、排便時、拭く動作は娘の介助が必要であった。更衣・整容・清拭・入浴は娘介助だが拒否が多く、実施できていないことが多かった。HDS-Rは18点であった。

訪問リハの拒否は無く、訪問リハスタッフの声掛には比較的応じてくれる。

開始時の目標として、体調を崩さず過ごし、自身でしている身の回りの日常生活動作が維持でき、自宅で生活が続けられること。開始後6か月状態変化に応じて、上記に加え、自宅にて介助で入浴し、清潔保持ができるとした。

体調管理として、病状観察や状況報告・内服の相談など主治医との連携を図った。精神賦活として、塗り絵の実施(ホームエクササイズとして提供)、塗り絵(昔の生活様式モチーフ)を題材として回想法を用い会話をすることを試みた。身体機能・ADL維持として、運動療法や入浴動作練習を実施した。

清潔保持・自宅入浴に向けて、入浴をしていない期間に浴室へ行く機会を絶やさないように、「輪投げ探し」と称し、浴室を含む自宅内の各箇所に輪投げを配置し、それを探し歩く時に浴室へ誘導する工夫をした。

また、家族以外の介入者の方が介護を受け入れてくれると判断し、訪問介護サービス利用で入浴支援をすることを提案した。利用者様・訪問リハ職員との良好な関係性を活かし、毎回訪問リハ提供時間の終盤にヘルパー職員に来てもらい、直接リハ職員からヘルパー職員に引き継ぐことで介入がスムーズになるように配慮した。ヘルパー職員へ関わり方の助言として、傾聴に努め、信頼関係を築くことを優先してもらい、ヘルパー介入初期は居室で足・手浴、口腔ケアから導入し、関係性を築いていただいた。暖かい時期に、ヘルパーの提供内容を浴室へ移行し実施。さらに暑い時期に、シャワー浴と浴槽浴ができるように、必要な福祉用具の選定を行い、入浴動作・介助方法を実践を交えヘルパーへ指導した。

妄想発言は続いているものの、塗り絵の題材を用いて会話をしている時は笑顔がみられ、妄想発言へとすり替わることはなく「塗り絵をしている時は落ち着く」という言葉も聞かれるようになった。X年12月より、ヘルパー介入開始以降、ヘルパー提供日以外にも口腔ケアを自身で行うようになった。1年ぶりに入浴ができ、利用者様から「体が温まった」と言葉あり、娘、ヘルパー・リハ職員に笑顔を見せてくれた。HDS-Rは24点と改善がみられた。


最新記事

すべて表示

外出練習をして、趣味活動を再開した事例

80代女性。独居生活。疾病は脳出血と脛骨骨折。 脳出血発症後数カ月の入院を経て、自宅退院。同時に訪問リハビリ利用開始。 退院後外出機会はデイケアや受診のみ。脳出血による麻痺は中等度で装具が必要。屋内歩行は自立。屋外歩行や不整地歩行は動作不安定さに加え、注意障害や記憶障害の影響で非自立状態。外出手段のタクシー乗降は介助が必要。 病前から多趣味で社交的。色々やってみたいという前向きな気持ちがある。入浴

ペースメーカーの設定変更に伴って心不全症状が軽減した事例

80代男性。主訴「動くとすぐ息切れがする」希望「楽に自宅内を移動できるようになりたい」 不整脈に対してペースメーカーを留置してから2年後に心不全のコントロール目的で訪問看護を利用開始。同じ年に看護師からの依頼で運動中のリスク管理および心臓への負荷の評価を目的とした訪問リハビリを開始。 ペースメーカー留置後も2年間で徐々に心不全症状が進行して自宅内歩行での息切れが目立つようになっている。外出の度に玄

左大腿骨頸部骨折人工骨頭置換術後、関節可動域制限があったが靴下が再び自力で履けるようになった事例

80代女性。要介護度。サービス付き高齢者術悪入所中。施設内は歩行器で歩行を行う事が出来たが、疲れやすく、左足の痛みもあり自力で靴下が履けない状態。その都度、施設職員に依頼をすることへの申し訳なさを感じていた。 自宅で転倒されて救急搬送。大腿骨頸部骨折で人工骨頭置換術施行。約2か月間の入院リハビリテーションを行い、歩行器歩行獲得されたが、自宅生活は困難と判断。サービス付き高齢者住宅への入所となった。

Comentários


bottom of page