top of page

病院退院時、寝たきり状態であったがポータブルトイレが一人で出来る様になった事例


90代女性。娘夫婦と3人暮らし。マンション高層階に在住。自宅内はバリアフリー。もともとパーキンソン病を患っていたが家のトイレやリビングまで歩いて移動する事が出来ていた。

尿路感染症にて病院に入院。熱発が続き寝たきり状態が続いていた。寝たきり期間が長く、左の踵に床ずれが発生。皮下組織までの損傷があり定期的な看護師のケアが必要になった。自力で起き上がる事が出来ず、排泄は全てオムツ内。閉じこもりになっており、入院中のリハビリテーションは拒否してしまうという状態であった。会話によるコミュニケーションは難しい。生活全てに介助を要する状態であった。

左の踵に床ずれあり。退院後、一日中ベッドで寝ている状態。食事はベッドを起こして食べていた。家族の介護負担も大きく疲労が溜まっている。デイサービスに行ったときに唯一家族が休める状態。起き上がりや立ち上がりは介助が必要であったが簡単なコミュニケーションができる。


初回訪問時に、重点的にリハビリ介入した方が良いという判断。訪問頻度を週一回から週3回に増やして対応。繰り返し起き上がり練習、筋力訓練、トイレ動作練習を実施。また家族への介助指導を行った。徐々にご家族との自主練もこなせるようになっていき、運動頻度を増やし事が出来たため、訪問リハビリの頻度を週2回へ減らした。

夜間のトイレ動作は家族の介助が必要であったが日中は一人でポータブルトイレを用いて排泄する事が可能となった。ズボン操作や拭き取り動作も問題なく実施できるようになった。 起きている時間が長くなった影響で床ずれは改善。


最新記事

すべて表示

言語聴覚士の訪問で徐々に経口摂取が可能となってきている症例

80代男性、要介護4 脳梗塞発症し、医療機関へ入院。重度の嚥下障害となり胃瘻造設。誤嚥のリスクが高く、経口摂取はヨーグルトなどのお楽しみレベルで自宅退院となる。嚥下機能の評価改善目的で週一回言語聴覚士による訪問リハビリテーション開始となる。 経口摂取は完全側臥位でゼリーやヨーグルトのみ。水分はトロミ剤必須。常に唾液の貯留もあり、咳嗽での喀出力も弱い。 ご家族の支援が手厚い。自主練習に対して協力も得

股関節手術後痛みのために活動に制限が残った方

70代女性 両側変形性股関節症 左股関節人工骨頭置換術後 両股関節痛あり、左股関節の手術を実施し、自宅退院。疼痛残存強く、外出などの活動を制限せざるを得ない状況で、運動指導希望あり訪問リハびりテーション利用開始。反対側の股関節手術も控えている。 自宅内での基本的な動作は自立しているが、長時間立位は疲労感強い。外出機会はあるが、階段などの環境では不安がつよく、頻度は自主的に制限している状況。 移行は

頻回な転倒が無くなり、外出機会増加へつながった症例

80代女性。一人暮らし。自宅内で月に7~8回転倒が続いていた。かかりつけ医より頻回な転倒に対して訪問リハビリテーション提案あり、週一回の利用開始となる。 基本的な下肢筋力は十分あり。歩行自体も平地であれば概ね安定。バランスを崩した直後の転倒を防ぐための反応に遅延があり、姿勢修正が間に合わない印象 運動は意欲的。転倒を減らして、安心して外出したいというはっきりした目標がある。 転倒回数軽減、外出頻度

Comments


bottom of page