top of page

左大腿骨頸部骨折人工骨頭置換術後、関節可動域制限があったが靴下が再び自力で履けるようになった事例


80代女性。要介護度。サービス付き高齢者術悪入所中。施設内は歩行器で歩行を行う事が出来たが、疲れやすく、左足の痛みもあり自力で靴下が履けない状態。その都度、施設職員に依頼をすることへの申し訳なさを感じていた。

自宅で転倒されて救急搬送。大腿骨頸部骨折で人工骨頭置換術施行。約2か月間の入院リハビリテーションを行い、歩行器歩行獲得されたが、自宅生活は困難と判断。サービス付き高齢者住宅への入所となった。入所から約4か月後、訪問リハビリ希望があり利用開始。

骨折した左足の痛みが強く、ほぼ横になって過ごす生活。骨折した左股関節の可動域狭く、足組みができずに靴下が一人で履けない状態であった。その都度、施設職員んい依頼をしていた。動く頻度が少なく、体力低下が進む可能性があった。

生活アドバイスに対して前向きな取り組みができた。また一人で出来るようになりたいという強い意志があった。入所している施設の職員さんもリハビリテーションに協力してもらえる環境であった。

靴下が一人で履けるようになること。自主トレーニングを定着することを目標として定めた。

左足の関節可動域練習。脱臼しにくい足の動かし方の指導。座ったまま足組みが出来るように繰り返し練習。靴下を実際に履く練習。タオルを用いた足組みの方法や靴下を履く福祉用具(ソックスエイド)の提案。楽しく継続できるような自主トレーニングの提案。施設職員んと連携を取り、自主トレーニングの促し。

一人で靴下が履けるようになり、その都度施設職員に声掛けをしないようになった。当初は靴下が楽に履ける「ソックスエイド」を提案したが、「道具を使いたくない」という気持ちが強かった。そのため、左足の関節可動域を改善させて一人で靴下が着用できるようになった。気持ちも前向きになり、自主トレーニングで毎日施設内の散歩、立ち上がり練習を欠かさずに行うようになった。併設のデイサービスにも楽しんで通所することが出来るようになった。


最新記事

すべて表示

股関節手術後痛みのために活動に制限が残った方

70代女性 両側変形性股関節症 左股関節人工骨頭置換術後 両股関節痛あり、左股関節の手術を実施し、自宅退院。疼痛残存強く、外出などの活動を制限せざるを得ない状況で、運動指導希望あり訪問リハびりテーション利用開始。反対側の股関節手術も控えている。 自宅内での基本的な動作は自立しているが、長時間立位は疲労感強い。外出機会はあるが、階段などの環境では不安がつよく、頻度は自主的に制限している状況。 移行は

外出練習をして、趣味活動を再開した事例

80代女性。独居生活。疾病は脳出血と脛骨骨折。 脳出血発症後数カ月の入院を経て、自宅退院。同時に訪問リハビリ利用開始。 退院後外出機会はデイケアや受診のみ。脳出血による麻痺は中等度で装具が必要。屋内歩行は自立。屋外歩行や不整地歩行は動作不安定さに加え、注意障害や記憶障害の影響で非自立状態。外出手段のタクシー乗降は介助が必要。 病前から多趣味で社交的。色々やってみたいという前向きな気持ちがある。入浴

90代女性の大腿骨頸部骨折後、公共バスの利用を獲得した事例

90代女性独居。遠方に娘さん在住。一軒家に住まわれている。 自宅近隣で転倒してしまい大腿骨頸部骨折受傷。人工骨頭置換術を施行されて病院入院による長期リハビリテーションを実施。自宅内を歩行器を使用して歩けるまでに改善。入浴や歩行器を使用して近隣スーパーへ買い物などもお一人で安全にこなせる状態となった。 身の回りの生活は一人でこなせていた。病院受診などで外出の際はお一人でタクシーを利用。骨折以前は公共

Comentarios


bottom of page