top of page

反張膝による膝痛のある脳卒中片麻痺事例 -装具作成による治療-


70歳男性。妻と息子との3人暮らし。脳出血左片麻痺の既往あり。自宅内での移動は出来ているが外出が困難な状態。要介護1で特に介護保険サービスは利用していなかった。近隣の畑の手入れを出来るようになりたいと希望が聞かれた。

48歳時に脳出血による左片麻痺発症しながらも仕事をこなし、大きな制限なく過ごすことができていた。徐々に左膝の反張膝(膝が反り返る所まで動いてしまう)が徐々に出現。歩行時に強い左膝痛があり外出制限あり。疼痛改善希望で訪問リハ紹介があった。

左足首に短下肢装具使用していたが劣化と経年変化でサイズが合っておらず適していない状態。著名な左膝の反張膝あり。左足に体重をかけた際に強い痛みあり。痛みを紛らわすために痛み止め内服。膝の痛みで畑の世話が困難な状況。

妻が非常に協力的で支援が得られやすい事、本人の意欲が強く、下肢筋力が十分に残存していた。

反張膝を抑えて屋外歩行の獲得。畑の世話が再び出来るようになることを目標とした。

反張膝改善のために、装具の調整を実施した。1つ目は現在の足首の状態に合ったプラスチック短下肢装具の作成。2つ目は反張膝そのものの抑制のための反張膝抑制装具(スウェーデン式装具)の作成を支援した。装具作成に際し、主治医と相談。その後、装具処方が出来る近医受診に同行し保険適応で装具の作成を行った。また装具作成後、歩行動作の修正、自主トレーニング指導を実施。実際の畑作業を想定した動作練習を実施した。

反張膝は改善。膝痛の軽減が図れた。長距離の屋外歩行も痛みなく可能になり、近隣のスポーツジムやサークル活動への参加。毎週妻と共に畑に出かけ、畑作業ができるようになった。


最新記事

すべて表示

股関節手術後痛みのために活動に制限が残った方

70代女性 両側変形性股関節症 左股関節人工骨頭置換術後 両股関節痛あり、左股関節の手術を実施し、自宅退院。疼痛残存強く、外出などの活動を制限せざるを得ない状況で、運動指導希望あり訪問リハびりテーション利用開始。反対側の股関節手術も控えている。 自宅内での基本的な動作は自立しているが、長時間立位は疲労感強い。外出機会はあるが、階段などの環境では不安がつよく、頻度は自主的に制限している状況。 移行は

転倒頻回な状態から、バスでの外出が再開できるようになった事例

80代男性、脳梗塞後遺症、腰部脊柱管狭窄症 脳梗塞発症され入退院経てご自宅へ退院。退院と同時に訪問リハビリテーション利用開始となる。 自宅内は伝い歩きしていたが、転倒を繰り返していた。一人暮らしであり、買い物や掃除支援でヘルパー利用。外出は知人の協力が必須。 自分の力で外出できるようになりたいとの明確な目標を持っている。徒歩圏内にバス停、お店などがある。必要時に知人の協力が得られる。 長期目標:駅

外出練習をして、趣味活動を再開した事例

80代女性。独居生活。疾病は脳出血と脛骨骨折。 脳出血発症後数カ月の入院を経て、自宅退院。同時に訪問リハビリ利用開始。 退院後外出機会はデイケアや受診のみ。脳出血による麻痺は中等度で装具が必要。屋内歩行は自立。屋外歩行や不整地歩行は動作不安定さに加え、注意障害や記憶障害の影響で非自立状態。外出手段のタクシー乗降は介助が必要。 病前から多趣味で社交的。色々やってみたいという前向きな気持ちがある。入浴

Comments


bottom of page