top of page

上腕骨骨折後、外来リハから訪問リハに移行して家事活動を獲得した事例

更新日:2020年12月23日


80代女性。一軒家で夫との二人暮らし。自宅内は敷居などの段差が多い環境。近隣に息子夫婦、娘夫婦が住んでおり生活の支援をしていた。

以前から両下肢の運動失調があり頻回に転倒していた。玄関で転倒した際に右上腕骨の骨折が認められた。観血的整復固定術施行。週一回の外来リハ開始されたが、夫介助での通院が困難。息子、娘夫婦の通院介助にも限界があった。自宅でさらに転倒が続いている状態であった。

骨折から4ヶ月後に訪問リハへ移行。週一回の外来リハから週2回の訪問リハとなった。入浴目的のデイサービスを週2回利用。両下肢に運動失調が認められてフリーハンド歩行では頻回に転倒してしまう状態。転倒の度に同居の夫が床からの立ち上がりを介助していた。骨折した右上肢は肘屈曲位で拘縮。関節可動域制限に動作時痛が認められた。「料理や洗濯とか家の事を出来る様になりたい」と希望が聞かれていた。同居している夫が家事を代わりにこなしていたが不十分さがあり、本人がやりたいと強い意向が聞かれた。

近隣の家族が大工で住宅環境の調整が素早く行えること。本人のリハビリテーションに対する真向きな姿勢がある事が強みである。

転倒の頻度を減らすこと、調理・洗濯などの家事活動を再開できることを目標として定めた。

自宅内は段差が多く、歩行器などが使用できない環境であった。大工の家族の支援を受けて生活での導線はすべて伝い歩きできるようにレンタルでの手すり設置と住宅改修での手すり設置を組み合わせて伝い歩きができる環境を構築した。家具の配置を再考しコンパクトな生活導線を実現。デイサービスでの歩行練習を伝い歩き歩行への切り替えを依頼。

リハの頻度を増やし、骨折した上肢への機能訓練を増やした。右上肢への負担を減らす方法で洗濯干しの練習を実施。荷物運搬での転倒危険性が高いため運搬方法の工夫をした。

自主トレメニューを作成。実施のチェックシートを用意してトレーニングの定着を促した。

万が一の転倒の際に、一人で床から立ち上がれるように床からの立ち上がり練習実施。

上肢の関節可動域は大幅に改善。やや筋力低下は残ったが日常生活上で困ることが無い程度にまで改善。調理や洗濯干しなど実施できるようになった。伝い歩き環境を設定したことにより転倒頻度が減少。時々転倒があったが一人で床から立ち上がれる状態になった。


最新記事

すべて表示

股関節手術後痛みのために活動に制限が残った方

70代女性 両側変形性股関節症 左股関節人工骨頭置換術後 両股関節痛あり、左股関節の手術を実施し、自宅退院。疼痛残存強く、外出などの活動を制限せざるを得ない状況で、運動指導希望あり訪問リハびりテーション利用開始。反対側の股関節手術も控えている。 自宅内での基本的な動作は自立しているが、長時間立位は疲労感強い。外出機会はあるが、階段などの環境では不安がつよく、頻度は自主的に制限している状況。 移行は

転倒頻回な状態から、バスでの外出が再開できるようになった事例

80代男性、脳梗塞後遺症、腰部脊柱管狭窄症 脳梗塞発症され入退院経てご自宅へ退院。退院と同時に訪問リハビリテーション利用開始となる。 自宅内は伝い歩きしていたが、転倒を繰り返していた。一人暮らしであり、買い物や掃除支援でヘルパー利用。外出は知人の協力が必須。 自分の力で外出できるようになりたいとの明確な目標を持っている。徒歩圏内にバス停、お店などがある。必要時に知人の協力が得られる。 長期目標:駅

外出練習をして、趣味活動を再開した事例

80代女性。独居生活。疾病は脳出血と脛骨骨折。 脳出血発症後数カ月の入院を経て、自宅退院。同時に訪問リハビリ利用開始。 退院後外出機会はデイケアや受診のみ。脳出血による麻痺は中等度で装具が必要。屋内歩行は自立。屋外歩行や不整地歩行は動作不安定さに加え、注意障害や記憶障害の影響で非自立状態。外出手段のタクシー乗降は介助が必要。 病前から多趣味で社交的。色々やってみたいという前向きな気持ちがある。入浴

Comments


bottom of page