top of page

アルツハイマー型認知症 介護負担軽減事例


90代女性。要介護4。息子夫婦との3人暮らし。アルツハイマー型認知症あり。

発熱、食事摂取困難のためA病院受診。その後も症状改善せずB病院受診し「高血糖高浸透圧症候群」で入院。入院前は歩行自立されていたが退院時は全ADL介助で退院。訪問リハビリ介入開始。

 ADLは全てほぼ全介助。重度認知症で意思疎通が困難。自宅内は介助歩行で移動しているが、起立や着座、起き上がり時に身体が後方へ突っ張ってしまい2人がかりで介助をしている。

 息子夫婦が介護に対して非常に熱心。ご本人様との意思疎通は難しいものの、リハビリに対して強い拒否はない。

 1人介助で起立や着座などの動作介助が行えるようになる。自家用車への昇降時の介助量軽減。

 動きやすい身体づくりの為に関節可動域訓練、ストレッチ実施。ADL介助指導として歩行練習、自家用車への乗降練習。介助量軽減のため、環境調整、福祉用具選定実施。 

 開始時に見られた体の硬さ(突っ張り感や抵抗感)は軽減。立ち上がりや歩行は1人介助でも可能に。今回は動作自立を目標としたわけではなく、介助量の軽減を目的に実施。重度の認知症や意思疎通困難な事例に対しては身体機能の改善を中心にリハビリ介入しても、なかなかADL改善やQOL向上には結びつかない場合がある。今回の症例においては

①身体特性に合わせた福祉用具の利用

②現状の身体能力を生かしながら、お互いに楽に動くための介助方法指導 などを実施。

様々な症例に対して、身体の動きをみる専門職としての支援をして参ります。

最新記事

すべて表示

転倒頻回な状態から、バスでの外出が再開できるようになった事例

80代男性、脳梗塞後遺症、腰部脊柱管狭窄症 脳梗塞発症され入退院経てご自宅へ退院。退院と同時に訪問リハビリテーション利用開始となる。 自宅内は伝い歩きしていたが、転倒を繰り返していた。一人暮らしであり、買い物や掃除支援でヘルパー利用。外出は知人の協力が必須。 自分の力で外出できるようになりたいとの明確な目標を持っている。徒歩圏内にバス停、お店などがある。必要時に知人の協力が得られる。 長期目標:駅

外出練習をして、趣味活動を再開した事例

80代女性。独居生活。疾病は脳出血と脛骨骨折。 脳出血発症後数カ月の入院を経て、自宅退院。同時に訪問リハビリ利用開始。 退院後外出機会はデイケアや受診のみ。脳出血による麻痺は中等度で装具が必要。屋内歩行は自立。屋外歩行や不整地歩行は動作不安定さに加え、注意障害や記憶障害の影響で非自立状態。外出手段のタクシー乗降は介助が必要。 病前から多趣味で社交的。色々やってみたいという前向きな気持ちがある。入浴

起き上がりが出来ず床ずれが出来ていたが一人で歩いてトイレが利用できるようになった事例

90代女性。一軒家で一人暮らしだが、遠方から娘さんが泊まり込みで介護をしていた。 訪問リハビリ開始半年ほど前から足、腰の痛みが強くなってきておりソファで座って過ごす時間が増えてきていた。ソファからの立ち上がりもできずオムツを利用していた。 両膝の変形、足のむくみの悪化でベッドを利用できなくなり、ソファに腰かけて一日中過ごしており介助がないと移動できない状態であった。オムツを利用しており遠方からご家

Commentaires


bottom of page